義母は100歳を超えた

100歳までは、難なくこなして来たと思う。時々、トンチンカンな事を言っても笑える範囲だった。

この頃は、笑えなくなってきた。

トイレに起こすのも夫と2人がかりでなければ出来なくなってしまった。

お漏らしをしても良いように、紙のパンツをはかせているが、時間を見計ってさせていた。

どうにも言う事が聞き分けられない時が、しばしば見られるようになってしまった。

仕方なく、夜だけオムツをさせるようになって3日目。

朝まで、我慢してしていなかった。慌ててトイレに連れて行く。濃い茶色の尿。元々、腎臓が弱いと聞いている。このままでは身体を壊してしまう。

やはり、時間を見てトイレにさせるしかないのかと。

寝不足で、日中は、ボーとしている。車も運転しなくてはならない。

今までは、意地悪な事など一度も言われた事がない。私は、義母を尊敬していた。

どんな人でも、人格が壊れて行くものなのだろう。

それは、仕方のないことと受け止めている。

どんな風になっても、私は義母が好きだし、最後まで見届けたいと思っている。

義母は100歳を超えた” への2件のフィードバック

  1. 尊敬できる人が身近にいるって素敵なことですね。
    大変の一言では言い表せない思いを感じます。どうかご自愛ください。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中