【通院になりました♪】

指は🤌5本全部動きます。

ただ、肝心の肘が最悪です。

そりゃそですよねぇ

肘を折ったのですから。

肩も少し上がるようになった頃。

「通院にしてみようか?」

通院とは言っても病院は近所ではない、

汽車(昭和です)で1時間チョットの街です。

何時迄も義姉に子供を、頼めるわけにはいきません。

子供の声が聞きたくて電話すると、決まって最後には、

「後どれくらいで退院なの?」

迷惑をかけていることは重々分かっていても

自分の思うようにはいかない。(⌒-⌒; )

「中指が🖕がオデコに付いたら通院にしてあげるよ❗️」の言葉を、

勇気に変えて、暇さえあれば訓練しました。

その頃には、朝から眠りこける事は、なくなっていました。

ある日、

先生に呼ばれると👨‍🏫

見知らぬ男性が、メジャーを持って立っていました。

「おめでとうございます」

ニコニコと挨拶。

「これから、装具を作るよ❗️

間も無く通院できる所まで頑張ったからネ‼️」

腕に金具と皮でできた物々しい装具が完成した。

週4日。

子供を連れての通院。

それはそれで、大変だった。

途端に、家事全般と通院なのです。

またしても、汽車に乗ると

爆睡の状態に。

でも、

子供と居られることに👶幸せを

感じていました。

歳の離れた兄が、実家に帰省した折

「なんでそんなことになったんだよ!」

ひとりで奮闘している私を見て(夫)に憤慨していた。

でも、兄が言ったからといって、夫が変わるわけではないことは、

分かっているので。

「辛くなったら、無理しないで子供と一緒に家に来い!」

この言葉、

どんなに私を勇気付けてくれたことか。

ここでも私は、言葉の大切さを知ることとなりました。

いざという時、逃げ込める場所があることは、

大きな勇気になることを。

この兄は、東京で工場を経営していた。

蛇口にレバーを付けてくれた。

このレバー。今は普通ですがその頃は、珍しかったのです。

私にとっては、画期的で嬉しく感謝でした。

「こんな物、手がぶつかって邪魔だ!」

兄が帰った後外してしまった夫。

実は、蛇口を回すのが一番辛かったのです。

肘にひびくのです。

それを、誰に嘆くでもなく、じっと耐えた。

『この方が訓練になるんだ!』と、

自分に言い聞かせた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中