【言霊  言葉の力】

(始めに訂正)  付近=布巾です😅

上半身ギブスって、

結構大変!

腕を落とさなくても良かったことにひとまず安心。

ひとまずです。

「付くかどうかギブスで固めてみようネ!」

だったからです。

2ヶ月半が過ぎた頃

病院へ。

ドキドキ‼️

「あぁ〜何とか付いたようだね❗️良かった〜」

先生も半信半疑だったようでした。

何しろ、腫瘍の範囲が広いので脆いのです。

リハビリの病院を紹介された。

その医者は👨‍⚕️

チラッとレントゲンを見て

「あのねーこれ、リハビリしても無理だね❗️此処から落としますね〜」

私の右肩に手を置きながら。

まるで、大根でも切り落とすかのように軽い声で言った。

『⁉️』ハイ‼️

2ヶ月半耐え、付いたと喜んだのも束の間。

奈落の底に突き落とされた。

泣きながら、

もう一度、大学病院の先生に相談すると答える私に

「此処の病院はね、温泉もあるし♨️リハビリには最適の病院なの。

でもね、誰でも良くなるわけじゃないのよ❗️治る人、努力しても元に戻らない人、長年見てきたからわかるんだよね。あんたの場合無駄よ❗️さっさと諦めて次のこと考えた方が良いよ‼️」

こんな言い方ありますか⁉️

医者でしょ‼️

若い(私27歳)女性が小さい子供抱えて

DVの夫がいて(今、それは関係ないけど😅)

外科の腕の前に、人間としてどうなの⁉️

そう思いませんか?  そんな経験ありませんか?

泣きながら家に戻る道すがら

車を運転する夫は終始無言。

「そんな酷いこと言ったのか❗️温泉付だから良いと思ったんだけどなぁ」

「違う病院紹介するね。この先生は、優しいから大丈夫だよ」

また、同じこと言われたら………

先生の顔を見られなかった。

じっくりレントゲン写真を見てからゆっくり

私の方に向き直り

スッと私の手を取り

「痛かったねぇ…頑張ったね❗️」

「しばらく入院してもらうことになるよ!子供の為にも、

一緒に頑張ろうね!」

私は、この言葉を聞いて、もうすでに治った気持ちでした。

この一連の出来事で私は、言葉の大切さを学びました。

“エンジェルママの玉手箱” を立ち上げるきっかけとなりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お悩み相談受け付けています。「エンジェルママの玉手箱」

公式ライン登録してネ

https://lin.ee/rg4QYfo

カードリーディングもしています‼️

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中