【腕に異変が】

おっぱいを飲ませている時から

右腕関節辺りが痛かった。

動かさなければ、逆に良くないよ!

なんて、素人考えを言ってくる人の

話を間に受けて

頑張って拭き掃除なんかしていた。

子供が👶4歳になった頃。

腕の痛みも和らいでいたが、

なんとなく違和感があった。

ある日、

少し高い所に上がる時

珍しく夫が手をかしてくれて

引っ張ってくれた

その瞬間

『バギ‼️』鈍い音がした。

「痛ーーーーい!」

目の前が暗くなっていった。

夫の顔が、だんだんと小さくなっていくのがわかった。

まるで、スローモーションを見ているかのように

気を失った。

街の整骨院に。

「あー綺麗に折れちゃっているね!」

板で固定して、静かにしていれば良いという。

自宅に戻っても🏠一向に痛みは消えない。

翌日、隣町の総合病院に行った。

レントゲンの結果。

「骨が変だね🦴」

折れて重なった部分を引っ張れないということで

肘に砂袋を付けて、重みで真っ直ぐにしょうと

何とも原始的な方法です。

その日から、横になれず座ったまま寝ることに。

息子は夫の姉が預かってくれた。

2週間、進展が見られないと

「大学病院に紹介状書くのでこれを持って行ってください」と。

翌日、迎えを待っていると、看護婦が

「右手が一本無くなったって、子供には母親が必要なんだよ❗️」

「変なこと考えるんじゃないヨ!」

どうなるんだろうと不安でいっぱいの患者に

かける言葉ではない!

励ますつもりだろうが

ひとり病室で泣いた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中