【結局………】

ここで普通は、離婚だよね!

その頃の私は、実家にも戻れない。

兄姉にも頼れない。

親友にも打ち明けられない。

八方塞がりでした。

この世から消えてしまいたいと思いました。

駅前の小さな旅館。

女将が、「満室だけど家で使っている部屋で良かったら………」

何日も寝ていなかった。

ゆっくり横になりたかった。

玄関横の洗濯物を干して有る部屋だった。

直ぐに布団を敷いてくれた。

見た目でわかったのかも。

夕方まで眠った。

途中の薬局で睡眠薬を買ってあった。

目が覚めると食事が用意されいて、

布巾が掛けられていた。

女将は、何度も見にきてくれたらしい。

満室って嘘だと分かった。

人の出入りが殆どない。

他の部屋から一言も声が聞こえない…

夫に手紙を書いた📧

お風呂に入り深夜になるのを待ちました。

薬を💊飲もうとすると、

お腹が “ギュンギュン” 激しく動く。

ヨシヨシ!ゆっくり撫でる。

気を取り直して薬に💊手を………

“ギュン❗️ギュン”

激しく動く。

お腹を撫でながら横になった。

秋の肌寒い夜だった。

旅館の浴衣ではなく自分の服に

着替えていた。

女将さんが何度も出入りする。

浴衣を干してあるので

見にきているのだと思っていた。

浴衣に着替えていないのをみて

「寒いでしょ!」ポータブルストーブを付けてくれた。

暫くすると、「温ったまるよ!」

ココアを持ってきてくれる。

「何月に産まれるの?」「楽しみだね!」

夜中にも関わらず話してくれる。

やっと着替えて休むことに。

眠られない。

静かになったのを確かめ

薬💊を手にした。

すると “ギューン !ギューン“ 

激しく動いた。

今までおとなしかったのに…

”ハッ❗️“ と我にかえった。

この子は、「死にたくないよ❗️ 」と言っているのだ。

始めて、『離婚』 のふた文字が

リアルに思い描けた。

旅館を去る時、女将さんが「母親になると言うことは

色んな事を乗り越えた先に、今まで感じたことのない喜びを、

子供は与えてくれる。」そう言った。

「母は強しだ❗️」手を握って励ましてくれた。

ヤッパリ気づいていたのだ最初から。

仲を取り持ってくれたご夫婦と、夫の義母を入れて

話した。

産まれたら離婚します❗️と宣言した。

晴天の霹靂。

義母が手をついて謝った。

イヤイヤ❗️ 謝るの貴方ではありません‼️

夫は、女に手紙を書かされた。

「私の目の黒いうちは〇〇さんを泣かせるようなことは

絶対させないから、離婚だけは、どうか思い留まってほしい」

ソリャ、初めての内孫。

楽しみで仕方ない様子が今までもみて知っていた。

明確な返事はせずに、見た目は今までと同じ生活を………

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今、悩んでいない❓

出口はあるよ❗️

話しているうちに、道が見えてきたりするものよ❗️

下の公式ラインにアクセスして

https://lin.ee/rg4QYfo

待ってるね〜

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中