義母の日記

何冊かの義母の日記。

ある1ページには、時間だけ書かれている。

何か書こうとして、時計を🕰見る。時間を記す。

さて、何を書こうかなぁ…考える。

ボーッと考えているうちに、何も変わった事がない。

何か書かねば。思い直して、再び時計を見る👁時刻を書く。

その繰り返しだった事が分かる。

車椅子生活になってから、自分の意思では、どこへも移動出来ない。

テレビも、お笑いなどは、テンポが早くて何を言っているのか分からないと言う。

“演歌” を聴いた日の日記には、『今日は、五木ひろしの歌。良かった』と、記してあった。

昼寝の時間に、CDをかけておくと、嬉しそうに口ずさみながら寝ている。

演歌のCDも💿枚数が少なくて、そのうち飽きているようだった。

歌うのは、苦手で歌った事が無いと言っていた。でも、私が歌うと一緒に

歌うようになってくれた。大川栄作の『サザンカの宿』と舟木一夫の『高校三年生』

が好きだと言っていたが、自分で口ずさむ事は無かった。

私が歌うと「◯私さんは上手だねぇ」と歌ってほしいと時々せがんだ。

その歌が流行していた頃、義母は、きっと生き生きと働き、せっせと息子に、仕送りしていたに、

違いない。

人間は、目標を持って忙しく働いている時が1番幸せなんだ、と今更ながら思う。

子供の手が離れたら、あれもしたい。これもできるのに…と思って暮らした若い日々。

沢山の時間がある今。

ゆっくり、大切に暮らして生きたいとおもう。

時間がたっぷりあっても、身体の自由がきかなけえば、辛いだけだもの…ねぇお義母さん。

好奇心に溢れていたお義母さん。私も好奇心を失わずに、

お義母さんを見習って、生きていきます。

『50年前に戻って、忙しく働きたい』日記の一文が切ないです…お義母さん。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中