二人の生活に慣れなければねぇ

ついつい、部屋を覗く癖、おやつの時間。オムツ取り替えたの時間。

その度に、寂しさがこみ上げる。

優しかったお義母さん。ありがとう!を言い忘れることが無かったお義母さん。二人で見送りたいとの私の、心の中の願いを叶えてくれて、ありがとう❣️

ご飯を食べさせながら、私が何を考えていたか、教えましょうか!お義母さん!

『これから、座れなくなったお義母さんの、髪をカットする時は、どうやったらいいかなぁ』そんな事、思いながら、うどんを口に運んでいたんだよ。もう、そんな心配もしなくていいんだね!

「器用だね! 上手だね!」ってまだ、言われたかった。

お義母さん‼️

寂しいよう❗️

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中