結婚生活に不満があったのだろうか

今朝、義母の部屋を開けると既にベットに腰掛け、掛けてあったバスタオルをキチンと畳んで膝に掛けて、亡くなった実母の写真を磨くように拭いていた。離れた鏡台の上に飾って、お水を置いて上げていた。義母は、分かっていてもその写真に手を合わせる事はない。

どうやって、それを取りに行けたのだろうかと思ったが、きっと、傍にある物に捕まり伝って行ったのだろう。右脚がほとんど動かないのだ。転んで怪我でもされたら大ごとだった。

母親が恋しく思い磨いていたのかと思いきゃ、違った。「その写真どうしたんですか」「結婚式に使うでしょう!」「誰のですか?」「私に決まっているでしょう!」また結婚の話か〜つい先日は、3000円の結納金でお坊さんと結婚すると言っていたが、今度は、床屋さんに嫁ぐという。

妄想の中でも、嫁入りの話しが多い。義父との結婚生活は楽しく無かったのだろうか?

もう一度、人生をやり直したいと思っているから、そんな妄想ばかりになるのだろうか。

呆けて、よくある「お金が無くなった」などと言われたことは一度もない。

いくら、本心ではなくとも、泥棒呼ばわりされたら気持ちの良いものではない。

それがないだけ幸せなのかも知れない。

それにしても、100歳になっても嫁入りの夢を見る。不思議な女心。

まだ、私には分からない。

結婚生活に不満があったのだろうか” への4件のフィードバック

  1. 女性の貴女の理解が及ばないのであれば、男の私がそれに挑戦するのは甚だしいってことになりますね (笑)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中