野良猫  1

朝、8時、週3回お掃除に来てくれるメーバンの(のっちゃん)

朝一番に、することは、野良猫に餌をあげる事。

野ちゃんのバイクの音を聞くと何処からでも走ってきて餌にありつく。

のちゃんは、餌の魚を市場に寄って買ってくるのだ。

この猫、家族猫だった。夫婦と子供。3匹でやってきていた。昨年産んだ1匹の子猫が結構大きくなっている。

この子を産んだ時、首を噛んで我が家の裏口に連れてきて、『この子を飼ってください。お願いします』と、網戸越しに私の顔を見てずっと泣いていた。「ゴメンねーウチでは飼ってあげられないんだよ、違うおうちにお願いしてね」と、冷蔵庫にあった鶏の胸肉を蒸した🥓物をちぎって与え、謝った。

不思議なことに、というか、腹が立つというか、義母と夫は大の猫嫌い⁉️

ウチではウサギを🐇飼っている。いったい何処が違うといううのか!

私は、動物全体がすきである。義母に理由を聞くと「猫は、音も無く何処でも上がって悪さをするから」という。子供の頃から商売を、していた家庭に育ったから無理もないが、夫にもそのように育てたのだろう。夫など道端で見掛けると遠回りする程嫌う。

しかし、のちゃんが可愛がっているノラは、見てみぬフリをできるようになった。少し、成長した。

私と、大喧嘩したからだ(笑)

義母などは、ベランダを通るネコを見つけただけで「アッ! ネコだ🐈 シッ❗️あっち行きなさい‼️」と大きな声をあげる。「お義母さん!猫がお義母に、何か悪さしたの? 「…」「何もしてないでしょう!ぴょんちゃん(我が家で飼っているウサギ)は、冷房のきいた家でお腹空けば、いつだって食べられる。野良猫は、雨が降ってきたら、お腹が空いたって、ずっと軒下で雨宿りして、雨が止むのを待つしかなくて、雨が止んでもすぐに食べるものがある訳でもなく、一生懸命生きているんですよ❗️誰にも迷惑掛けずに生きているんですよ!そういう言い方しないで下さいよ!」

「のちゃんが餌やるから家に寄り付くんだ」「お腹すいた猫に🐈のちゃんが、自分のお金で餌を買ってきてあげているのよ!駐車場の隅であげているんですよ。家に入れているわけではないでしょう!それに、お義母さん、猫が寄り付く家には良いことが有るんですよ❣️ 」「……」

と、私は信じている。

実は、夫に内緒で🤫のちゃんには、餌代の足しにしなさいと、別にお金を揚げている。(共犯者なのだ)

のちゃんの側でリラックスするノラの親子

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中