その後の、お隣さん

お隣さんは、始めから、何か言ってくるだろう! 嫌われているに違いない。たぶん、そう思っているので、挨拶をしても、聞こえないフリ。

私も、ワンチャンを死なせてしまったのは、責任の一端はこちらにあるようで、多少ビビっていた。

言葉が通じないことは、こんなに大変なんだと、痛感させられました。

で、思いついたのが、犬が🐕原因なのだから、犬と介して仲良くなれないものかと。

チエンマイでは、朝から路上脇で鳥を炭で焼いて売っていたり、袋の中に、ご飯を100グラム(たぶん)入れた袋に、何やらかけて貰っている姿を見掛ける。

あまり食事は、家で作る習慣が無いらしく夕方の帰宅時間などは、買い求めるバイクがズラリと止まっていて、路が狭くなって、渋滞を招いている。

その事に苛立っている風も見受けられない。のんびりと時が流れている感じがいい。日本で働いていた時は、常に時間との戦いだった。

その、鳥の丸焼きを買ってきた。勿論、食べ切れるはずもない。余ったそれを袋に入れ、裏の洗濯場越しに見られる唯一の場所から、彼女が出てくるのを窓越しに隠れて見ていた。

犬の世話に必ずここを通るはず。

“来た❗️” すかさず声を掛けた。

「サワディカー(今日わ) 覚えたてのタイ語で挨拶を。最初、何処から声がしているのかと、キョロキョロ。私は、満面の笑顔で、鶏肉を見せ、食べきれなかったので、わんちゃんにあげて(ここは、日本語)しかし身振り手振りだけで何とか伝わるものだ。

遠慮しがちに、受け取ってくれた。(ヤッター!)

以来、笑顔で挨拶を返してくれてるようになった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中