宜しかったら、それもどうぞ!

義母はしばらく便秘が続いていた。

三日出なかったら下剤を飲ませようと決めていた。

今日で三日目だ。夜まで様子を見る事に。

8時過ぎた。『今飲ませて、夜中に出たら嫌だなぁ』と思いながらベットに。

寝てはみたが気になり、13時過ぎオシッコに起こして、ついでに下剤も一緒に飲ませた。この時間なら、夜中に起こされることもないだろう。

しかし

朝、部屋に入いると “ん?” 臭う。

薬の効き目が嫌に早いなぁ、と内心思ったが出てよかった。

以前、便秘がひどく指で(勿論ゴム手袋は着けている)掻き出したことがあるので、以来気をつけている。

「アラー! お義母さん! 出たんですね〜良かった」ポータブルトイレを指差し「ハイ! そこにしておきましたからどうぞ お持ちください!」『?』お持ちくださいって?何かと間違えているらしい。

夕方、買い物から帰ると、又しても臭う。

蓋を開けてみると、『ブツ』がドッサリ。下剤の効き目がこれだ。

「お義母さん! たくさん出て良かったですね! スッキリしてでしょう!」「ハイ! そこに沢山しておきましたから、それも必要でしたらお持ち下さい! 今朝ほども持って行って貰いましたが、足りなければそれもどうぞ」私は吹き出してしまった。完全に、看護師と間違えている様子。

「コレ何処に持っていくんですか? 何に使うんでしょうね」「さぁ 分かりませんが、何か検査するらしいですよ」「何の検査ですか?」「さぁそれは聞いていませんが…」

何だかなぁ

幸せな光景なのかなぁ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中